読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人1年生 ひとりあそび

社会人一年目。入った会社は微妙にブラックですが、毎日楽しく過ごしたい。

忘れ物はないね?

大学時代に書いたもの

(以前他のブログで書いてた記事の転載です。)

 

2015/7/2

今日の一曲は

 
忘れものはないね?/加藤千晶
 
です!
 
 
さっき傘を忘れた私にタイムリーな曲 笑
ま、すぐ取りに行ける距離なので、明日にでも取りに行こうと思います。
 
 
加藤千晶さんの曲は、色んな種類の楽器が使われているところが好き。
 
カラフルな絵本を読んでいる時のような、
かわいくて、ちょっとおかしくて、
楽しい気分になるほど曲が多い。
 
子供番組によく使われてるのもうなずける。
でも、決して子供騙しだったり、変にファンシーだったりはしてないのです。
 
あと、とても素敵な日本語が歌詞にたくさん出てくるの。季節や植物の名前とか。
私は彼女の曲こそ、良質なジャパニーズポップとして、海外に紹介できるんじゃないかなーと思います。
 
さて、この曲の好きなフレーズは
 
「もし君のこと好きになり忘れても」
 
これ、良いですよねー。
私の中の声に出して読みたい日本語です。
甘酸っぱい感じもするし、冷たい感じもするし、斬新な言葉ですよね。
 
演劇をやってるので、これをセリフとして使いたいなーと考えているのですが、なかなか良いシチュエーションが思いつかない。
 
あと、
 
「有るかと思えば無く 雪積もる土踏まず」
 
このフレーズの意味は全然分からないんですけど、なんか好きです。
この曲が入ってるアルバムが
「蟻と梨」というタイトルで、歌有りの歌なしのアルバム2枚組のものなのです。
 
だから、このフレーズがあることによって、なんとなく、加藤千晶さんはこの曲をアルバムの代表曲としているんじゃないかな、とか思ってます。
 
あと、このフレーズの1番の部分の歌詞が
「冬かと思えば夏 緑燃ゆクリスマス」
なのですが、「夏」と「無く」
「クリスマス」と「土踏まず」で韻を踏んでいるのですよね。凝ってるなー。
 
加藤千晶さんのアルバム、2枚しか持ってないのですが、もっと色々聴きたいなー。