社会人1年生 ひとりあそび

社会人一年目。入った会社は微妙にブラックですが、毎日楽しく過ごしたい。

やっぱり「のに」っていいね

(以前他のブログで書いてた記事の転載です。)

 

2016/8/13

のに特集第2段!

 
前回「のに」が使われている名曲を紹介しましたが、まだ良い曲があるということに気づいたので。
 
とりあえず今回は2曲紹介します!
今後も、見つけたら特集しよう。
 
1曲目
飛べない鳥/ゆず
 
有名だし、めっちゃ良い曲ですよね。
私はゆずの中で一番好きな曲♡
(ま、ゆずの曲をあまり知らないのですが。)
 
岩沢さんのハイトーンボイスが堪能できます。この曲、キーが高すぎてカラオケで歌えない。女なのに。
 
歌詞もなかなか切なくて素敵です。
「ここにあるのは風 そして君と町の音 
それだけで良かったのに」
 
歌い出しから「のに」が使われているなんて、ニクいねぇ。
ただ、私が一番好きなフレーズは、実はここではないのです。
 
「君と歩きそして笑うために
全てを知ってゆくこと 怖くなんてないさ」
 
メロディにくらべてちょっと字余り気味なリズム感もいいのよね。
あー良い曲だ。
 
2曲目は
 
 
川本真琴さんの曲、ほんと大好き。
あの甘い歌声で、癖の強さを緩和しているというか。でも、声と曲が絶妙にマッチしている。川本真琴さんが作る曲って、本人が歌うために作られている感じがして、芸術性を感じます。
 
で、「のに」が使われているフレーズですが
 
「初めてのこといっぱい ふたりでしたくて
とっといたのに」
 
ここ!曲の中で一番好きだし、共感できる。
ただ、どういう風に共感できるのかうまく説明する語彙が無いです。
 
ゔぅ、悔しい!
今度この曲はもうちょっと考察?したいな。