社会人1年生 ひとりあそび

社会人一年目。入った会社は微妙にブラックですが、毎日楽しく過ごしたい。

空気公団「旅をしませんか」

だいぶ前から
空気公団の「旅をしませんか」という曲にはまっています。

きっかけは鎌倉molnで行われたHARCOのライブで、カバーしていたのを聴いたこと。

そのときは、
良い曲だなぁ程度でしたが
聴けば聴くほどあの世界観にはまっていきます。

空気公団の曲は情景が目に浮かびやすいと評されているようですが、まさにこの曲もそう!

よく晴れた暖かい昼下がりに客がまばらに乗っている電車から景色を見ているような。

都会ではなく、かといって田舎すぎないところ。

私的に京急逗子線がなかなかいい線いってるかと思うのですが、いかんせん逗子線は距離が短すぎて旅っぽくないですねぇ。

通勤の時に目をつぶって聴くと、この幸せな世界にトリップできます。

メロディも歌詞もアレンジも演奏も歌い方も
何もかも素晴らしすぎる。
この曲の世界観の中で住みたい、とさえ思いますね。

漫画の中に行きたい、と思ったことはあれど、曲の中に行きたいと思うことは珍しいです。
(ちなみに以前、曲の世界に住みたいと思った曲はホフディランの「恋はいつも幻のように」です。)

空気公団のアルバムを買ったにも関わらず、
この曲ばかりリピートしてるので、
他の曲の良さも理解したいなぁ。

たぶん、どの曲も聴けば聴くほど系だと思うんですよねぇ。