ひとりあそび

ただ書く。書きたいから書く。

久々の英語。難しい。

英語…そこそこ得意だと思ってたのに…。全然わからぬ。

 

ショック!!!

 

まあでも妥当です。

大学卒業して1年半くらいほぼ英語に触れていなかったし。てかてか、ちゃんと英語を使って勉強してたのって大学3年生くらいまでで、TOEICの自己最高得点取ったのなんて大学1年生のときの、受験英語がまだ頭に残ってた時だったし。

 

なんとなく、長文を読むコツみたいなのは分かるのでそこそこ読めるのですが、文法がからっきしダメです。

 

言語学専攻とは思えないありさまだわ。中学英語からやり直した方が良いレヴェル。

 

ただやみくもに勉強する時間もないので、ポイント絞るとしたら

・5文型

・時制

・態

・分詞

 

あたりを集中的に覚えなおす必要がありますかねー。

 

今日は、図書館で勉強してたので、こんな本読んでみました。

「英語の文型 - 文型がわかれば英語がわかる」安藤貞雄 2008年

 

ノウハウ本ではなく、論文なのでスラスラは読めませんが、内容としてすっごく難易度が高いというわけではないと思います。専門用語もそこまで多いわけではなく、分かりやすく書かれた論文です。

 

ただ、この論文では5文型ではなく、SVA,SVCA型を含めた7文型になっております。なので、理解するのにちょっと時間が必要ですね。

 

あと、英語を理解するのに文型は大事だけど、あくまで基礎的に必要程度かな、という気がしました。この文は〇〇文型ではなく□□文型だ、というようなことを研究したいわけではないからなー。そういうのも興味自体はあるのですが時間が…。

 

あ、でもこの論文は例文がかなり充実してるので、参考書代わりにもある程度使えるなーという気はします。句動詞とか、少しは思い出しました 笑

 

 

やはり英語は動詞がカギ、というか日本語話者にとって学びづらいポイントかなーなんて気がしております。あと格の一致とか、数とか、冠詞とか…って色々出てきてしまいました。逆に、日本語で学びづらそうなポイントは…。私は助詞かなーと思うのですが、どうでしょう?

 

少し話がズレますが、エスペラント語を勉強していると、さすがインド=ヨーロッパ語を主に参考にしているだけあるな、なんて思うことがあります。動詞とか格の一致とか、あとなんか主体性の強い言語というか…。あくまで動作をする人が主体というか、そんな感じしませんか?

 

 

ハイ、戻します。とりあえず、今日の勉強ノートから感想を引用すると、

 

・自分の中に「教える人」と「教えられる人」がいる感じで勉強するのがいいかなと思った。

 

・毎日の目標みたいなのがないと続かない。いちばんわかりやすいのは単語何個!みたいなのだけど、私的にあまり意味を感じないというか、何もしないよりはマシ程度のものかなと。やっぱり問題集買った方がいいね。

 

そんなこんなですが、まあ頑張ります。

とりあえず、勉強は挫折してもブログは続けるぞ!