ひとりあそび

ただ書く。書きたいから書く。

エスペラント会館に行ってきた

エスペラント語…。私にとっては魅力的な言語。

大学のとき学ぼうとして挫折したものの、

時間ができた今、勉強するのも悪くない。

 

しかし、普通の本屋ではあまり参考書などが売ってない。

また、学ぶのであれば書物だけではなく実際の言葉を聞くのがいいのでは?

 

ということで、期待を込めて

エスペラント会館へ行ってきました~!!

 

はるばる1時間半かけて早稲田まで。

f:id:azteca257:20170721184202j:image

↑ 緑の星がかわいらしい。

 

小さめのビルの階段をテクテク3階まで登ると、こじんまりした図書コーナー。

早速中に入ると、職員さん一名のみでした。

いくらマイナーな言語とはいえ、客私一人職員一人って…と思ったのですが、

これには理由があったようで。

 

明日から韓国でエスペランティストの世界大会が開かれるので、

ただいま日本のエスペランティストたちの多くが韓国へいるみたいです。

そのため、こちらの会館も明日から夏休みということだそう。

 

職員さんは親切な方で、お休みだった図書室もチラリと見せてくれました。

そしてさんざん悩んだ末、2冊の冊子を購入。

 

 f:id:azteca257:20170721192837j:image

 ↑税込540円なり~

 

☆行った感想

エスペラント語自体には興味があるのですが、学習意欲がそそられない…。

古くてあまりおしゃれじゃない本、つまりとっつきづらい本が多かったです。

 

あと、以前エスペラント語の勉強会に参加したことがあるのですが、

平均年齢60歳、といった顔ぶれで若者は私一人で入りづらい感がありました。

世代を超えた交流も大事かとは思うのですが、

いかんせんひとりだと孤独感が強く、

また、孤独感を超えるほどの熱意も勇気もありませんでした。

 

でもでも、ニッチだからこそ、可能性があるともいえますよね。

しばらく独学で勉強頑張ります!

 

あと、行ったタイミングも悪かったと思うので、

そのうちリベンジしたい!  できるかな?