ひとりあそび

ただ書く。書きたいから書く。

アファメーション

本を読みながらウトウトしてたときに、ふと浮かんだ言葉。

 

私の知っている範囲は狭く、小さい。

しかし、潜在意識はすべて知っていて自由である。

 

最初の一文は、銀色夏生さんの本に書いてあって印象に残った言葉。

後の一文はなんかの本に書いてあったのかな?

 

なんか、私が認識している世界なんてほんとに小さいんだなーということが

実感できた。

 

そして、それは絶望ではなく大きな希望。

生きているなかで、悩んだり不安になったりしてるけど、

それは、ほんのわずかな認識の世界の中で考えているということ。

 

僕には何にもないよ だからどこへでも行けるのさ