ひとりあそび

ただ書く。書きたいから書く。

帰ってきたホフディラン~全曲レビュー~

10月18日に発売された、ホフディランのニューアルバム

「帰ってきたホフディラン」の全曲レビューをします!

 

ホフディランは、私にとって一番思い入れのあるミュージシャン。

一時期全く聴いてない時期もあったのですが、

今年久々にライブに行ってから完全に熱が復活してしまいました。

 

発売日にCD買うなんて、ホフディランくらいです。

ただ、何がこんなに私の心の琴線に引っかかるのかわからなくて。

わからないからこそ、聴き続けてしまうんだろうな~。

 

それではレビューいきます。

雄飛曲を青ベイビー曲をオレンジで記載します。)

 

1.僕のかわいい女の子

アルバムの方向性を示しているような曲。

今回のアルバムはレトロなアレンジが多いなーと思っているのですが、

まさしくちょっと懐かしい雰囲気の曲。

一昔前の大学生、って感じ?

セピアが似合うかわいい曲です。

 

2.ヤンヤンヤン

これぞまさしくワタナベイビーの王道ラブソング!

この感じは専売特許といってよいのではないでしょうか。

こういう素朴でキュートで強引な曲は、ちょっと他に替えが効かないです。

「キミが誰かに恋をしても 僕が邪魔するから諦めてよ」が好き。

 

3.珈琲

歌い方がかなり特徴的な曲。

日本語歌詞なのですが、英語風発音で歌っています。

相方→I'm gonna

夕方→You're gonna

に聞こえる。

 

4.あの風船追っかけて

雄飛が作って、ベイビーが歌っている曲。

みんなのうたとかにありそうな童謡っぽい曲。北風小僧の寒太郎みたい。

これまたレトロな雰囲気ですね。

 

5.愛し合って世界は回る

無料配信して話題になった曲です。

2回ライブでも聴いてますが、今後もライブの定番になりそう。

ポップで楽しくて凝ったリズムがステキな曲。

タイトルの語感も好きだな。

 

6.家を借りよう

ハモリを聴くと、声のバランスやっぱり良いなと思います。

転調したとこのメロディーが好きです。

 

7.夜を超えて

かなり力の入った曲ですね。壮大だし、

歌詞も大人ならではの視点というか。

ただ、個人的にはあまりピンと来ないんです…。ごめんなさい。

もうちょっと年を重ねたら良さがわかるかも。

 

8.おやすみの時間

今のところこのアルバムで一番好きかもしれない。

子どもができたからこその、優しさと愛を感じる曲。

「愛し合ってるなら いい夢が見られるのさ」という歌詞があるから、

忌野清志郎さんに向けてる部分もあるのかな?

 

9.恋は渋谷系

ふふふ。なんか面白い曲。

ホフディランって私的には渋谷系ってイメージはないんですよね。

じゃあ何系って言われると何とも言えないですけど。

渋谷系アレンジのホフの曲だったら「カジディラン≡」の方が好きかも。

 

10.映画の中へ

ライブで聴いたときはピンと来ない曲でしたが、CDで聴くと良いですね。

1曲目に通じる、レトロな感じを更に壮大にしたというか。

それにしても、雄飛の曲の幅は広いな~。

 

11.雨上がりの夜空に

言わずと知れた名曲カバー。

まぁ、これは原曲の方が良いですな  笑

ジンライムのようなお月様」っていう歌詞が好きで、

居酒屋でジンライムを頼もうと思うのですが、あんまりメニューにないんです。

 

12.エバーグリーンな悩み

壮大なアレンジ。ホフディランには珍しいような気がします。

なんとも歌詞が抽象的ですが、ハートフルソングです。

 

13.また逢う日まで

今後ライブの定番になりそうな曲。

雄飛氏の作る旅立ち系の曲は軽さと冷静さが良い方向に作用していて好きです。

「今そこにある未来」とか「そう、みんな旅立っていくんだな」とか。

 

14.ホフディランのバラッド

昔の曲の正式発表Verですね。

なぜかジンと来る曲です。ノスタルジーというかなんというか。

特に「みなさんよろしくね」のメロディが好き。

生で聴いてみたいな~。

 

総括:

長く楽しめる、かなり内容の濃いアルバムだと思います。

それぞれの個性を活かしながら、新しいことにも挑戦してるような。

今後の活躍も楽しみです。